お葬式の香典額など理解すべき知識は多い

お葬式の香典額など理解すべき知識は多い

近しい人、親類縁者が亡くなればお葬式に参列することになります。悲しみの中でお葬式を行なう遺族のために香典を渡しお悔やみをのべ、故人との最後のお別れをするのです。通夜式、また告別式に参列する時に香典を持っていくのは通常のことですが、この香典額に迷ってしまう人も多いです。香典額には相場がありますが、地域によっても香典額が変わるので地域性や関係性などをよく考えて用意する必要があります。亡くなった方への最後のお別れの際、悔いが残らないように対応するために、香典額の相場を理解しておくことは大切なことです。

そもそも香典はどうして持っていくのでしょうか。関西などは地域によって香典を受け取らないお葬式も珍しくないようです。香典には相互扶助という助け合いの意味があるといわれています。今も通夜振る舞いなどがありますが、以前は遺族がお世話になった近隣の方々にも食事を自宅で振る舞う風習がどの地域にもあり、金銭的にかなりの負担となっていました。お葬式が重なった場合や、作物が取れない時など、持っていくものに困ったこともあったでしょう。近隣の方としてもいつ自分の家でそういったことがあるかわからない、近隣にお世話になることもあるだろうと、相互扶助を考慮して食べ物を尋問客が持ち寄るという時もあったようです。この食べ物を持ち寄るという風習が戦後、お金に変わったといわれています。

現代は食べ物を持っていくということはありませんし、香典を持っていくことが通常となっています。そのため迷いなく香典袋を持っていくのですが、故人との関係性によって金額が変わるため、相場を知っておく必要があります。香典の相場は地域によっても違いがあります。また会社の方々なども一緒に参列するという時には、通常同じくらいの立場の人と香典額を合わせるということもあります。ただ相場を知っていないと、一人でお葬式に参列する時、いくら持っていけばいいのか不安になります。相場を理解していれば急に訃報を聞き、人に相談する間もなくお別れに行く際、故人との関係性に合った香典額を入れることができるでしょう。

香典を持っていくときには、マナーよく最後の挨拶ができるようにある程度の知識が必要です。香典額や香典に関する決まり事、お札の枚数など、理解しなければならないことがたくさんあります。社会人として香典を出したときに恥ずかしい思いをしないように、香典に関して様々な知識を持っておくべきです。

INFORMATION

【2018年10月12日】 
ホームページを更新しました。